電話代行業務ならセントラル・アイにお任せください

0120111427
  1. セントラル・アイ HOME
  2. ソリューション
  3. 弁護士事務所様・事例

創業40年、信頼のサービス[ 弁護士事務所様 | 事例 ]

Solutions弁護士事務所様

業種
弁護士事務所
ご依頼内容 どのような課題があったのか
お客様の声:個人規模の弁護士事務所を経営しているものです。
当方は事務員を含めて少人数の事務所なので、外出や来客があると、電話対応にまで手が回りません。
そこで電話代行をしていただける会社はないかと問い合わせをさせていただきました。
そちらでは、電話に出ていただくだけでなく、営業電話を除いてすべてにコールバックする旨を伝えていただくというのは可能ですか?事務所の帰社時間などもあわせて伝えてもらえるとさらに有難いのですが…。
受託体制 解決提案は? メリットは?
はい、お任せ下さい。
通常の応対と併せて、お客様にぜひおすすめなのが「応答おまかせプラン」です。
クライアント様からの伝言(戻り時間や、帰社するか、しないか等)をセントラル・アイのスタッフで共有し、コールセンタースタッフが事務所の受付で対応しているかのように、お電話いただいたお客様にお伝えすることが可能です。

曜日 平日
連休対応 -
時間帯 9〜18時
月間コール数 100コール
月額目安 状況はクライアント様により異なります。
詳しいお見積りはお問い合わせください。

お客様のご感想
お勧めいただいた「応答おまかせプラン」、とても役立っています!必要かつ十分な機能を低価格で利用できて大満足です。
さすがだな、と思ったのは、免責審尋(めんせきしんじん)など、法曹界特有の専門用語をきちんと心得ていただき、お客様からの信頼を得ています。これにはプロ意識を感じました。これからもお任せしていきたいと思います。
セントラル・アイから
お役に立てて、大変嬉しく存じます。
法律関係など特殊な業種であっても、秘書代行に必要な専門用語を、オペレーターが研修で身に付けた上で応対させていただきますので、安心してお任せ下さい。
業種
法律事務所
ご依頼内容 どのような課題があったのか
お客様:当事務所は、悪質な取り立てによる過払い請求を専門に扱っています。
ただ、2年前まで離婚調停とか相続相談など法律に関しての様々な案件を引き受けていたので、過払い請求専門の事務所に業態をシフトしたあとでも、いまだに過払い以外の問い合わせがあるのです。
こうした電話対応に追われてしまうと、本来業務に支障が出てしまうので、電話代行を利用することに決めました。
ついては、新規の問い合わせがあったときに、過払い請求の案件なのかそうでないのか確認していただき、当社専門以外の相談に対しては、提携先の法律事務所に取り次いでいただくことはできますでしょうか?
受託体制 解決提案は? メリットは?
セントラル・アイ:もちろん、可能でございます。
対応内容がシンプルで、ご要望の曜日や時間帯も平日・日中でしたので、「応答おまかせプラン」にてスタートしました。
運用後セントラル・アイの対応に評価をいただきまして、クライアント様の同業種競合が激しくなったこともあり、全日24時間体制の電話代行を承り、継続発注をいただいております。

曜日 毎日、土日祝
連休対応 -
時間帯 24時間
月間コール数 1,200コール
月額目安 状況はクライアント様により異なります。
詳しいお見積りはお問い合わせください。

お客様のご感想
本来業務とは異なる電話対応がなくなっただけで一段と仕事がはかどるようになりました。
過払い請求の案件だった場合には、電話転送機能ですぐに取り次いでくれて、同じフロアで仕事をしているような感覚です。
また、「24時間体制へサービスを変更したい」などの要望にも柔軟に対応していただけて大変たすかりました。
セントラル・アイから
お役に立てて、大変嬉しく存じます。
こちらのクライアント様のように法律事務所などの専門用語や知識を必要とする業種の秘書代行サービスを提供する場合、オペレーターチームは事前にしっかり研修を受けて、専門用語などを学んだ上で応対させていただいております。安心してご相談いただければ幸いです。
電話代行・秘書代行に関するご相談・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

お電話による窓口はこちら

0120-077-022

お問い合わせフォーム

キャンペーン
閉じる