電話代行業務ならセントラル・アイにお任せください

0120111427
  1. セントラル・アイ HOME
  2. ソリューション
  3. 通信販売(コールセンター型)・事例

創業40年、信頼のサービス[ 通信販売(コールセンター型) | 事例 ]

Solutions通信販売(コールセンター型)

業種
通信販売(コールセンターサポート型)
ご依頼内容 どのような課題があったのか
お客様:弊社は通信販売の会社です。
通信販売のコールセンターを自社で運営しているのですが、媒体計画や深夜・休日の時間帯によっては、コールが集中して対応しきれないことがあります。もちろん事前に過去の経験からコール予測は立てているのですが、意外な反響も多く、残念なことにお客様の要望に応えきれていないのが現状です。ピーク時に合わせてオペレ―タ―を常備させるだけのコスト的余裕もありません。
そこで、オーバーするコール(いわゆる、業界用語の「あふれ呼」です)を、臨機応変に対応いただける電話代行サービス会社を探しています。
受託体制 解決提案は? メリットは?
セントラル・アイ:はい、お任せ下さい。
セントラル・アイでは「あふれ呼」対応の実績も多数ございます。
例えば、自社では10回線20チャンネル受けていて、取りきれないと予測できるとき、セントラル・アイに2回線4チャンネルを飛ばして受ける体制の構築が可能でございます。
午前中1回線、午後からは3回線など、フレキシブルに対応することもできますので、お気軽にご相談ください。

曜日 毎日
連休対応
時間帯 24時間
月間コール数 1,800コール

お客様のご感想
現在、月間の媒体露出計画をセントラル・アイさんに送って、お互いにどういった時間にどれだけの人員体制で臨むかをお電話で打ち合わせさせていただいています。
また、フレキシブルな対応にも本当に助かっていまして、「あともう1回線増やして!」といった急なお願いにも対応してもらえるところが頼もしいです。
自社で人件費を増やさずに、コストを削減しながらお客様からの注文を取りこぼさない体制が実現できました。しかも、土日祝日、24時間体制なので、これからの通販には不可欠のサービスです。
セントラル・アイから
お役に立てて、大変嬉しく存じます。
通販ビジネスは少しでもコストを削減し、価格競争に優位なポジショニングを構築することが求められる厳しい業界です。
少しでも御社のお役に立つため、注文コールを取りこぼしが無いように引き続き努力してまいります。
電話代行・秘書代行に関するご相談・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

お電話による窓口はこちら

0120-077-022

お問い合わせフォーム

キャンペーン
閉じる